がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>子宮頸癌の小細胞癌について・・・

169 名前: 7年目 投稿日:2019/08/17(土) 13:30
みなさん、お久しぶりです。7年目です。
2011年10月頃に書き込みしています。

2004年8月
広範子宮全摘出手術。1b-2期。リンパ節転移17か所。
傍大動脈リンパにも転移あり。
抗がん剤(シスプラチンとベプシド)6クール。
2005年、抗がん剤終了1か月で骨盤内再発。
放射線照射45グレイ。
2006年、左鎖骨リンパ、縦郭リンパなどに再再発。
放射線治療45グレイ。

2019年8月で手術から15年。
最後の再発から13年経ちました。
大病院での検査は卒業しています。

治療の後遺症で腸閉塞(イレウス)になりやすいので
食生活に気を付けて毎晩マッサージしています。
近くのクリニックに漢方薬等処方のため毎月通院中。
イレウス時はここで点滴して脱水を予防&痛み軽減。

2019年から甲状腺機能低下症「橋本病」になりかけなので
甲状腺ホルモン剤を服薬開始して元気です。
甲状腺ホルモンは自律神経と関係するので腸が良く動きます。

週に4日働いています。
ボランティア活動も継続中です。
日常生活は普通におくっています。

ご存じのように小細胞がんは進行のスピードが早いです。
再発が判明したらすぐに緩和ケアをすすめられ(特に大病院で)
ショック、混乱、怒りの感情を持つ方が多いようです。
その反応は当然だと思いますが
再発治療に専念して病気に打ち勝ち
自分の状況を判断して最善の方法を選択するためにも
傾聴による心のケアは大切な治療だと思います。
緩和ケア科を受診しながら治療を継続する事はできます。

闘病中は不安にならない人はいません。
趣味や仕事、スポーツを続ける事は大切だと思います。
みなさんの選択が最善のものになるよう祈っています。
応援しています。
厄介だからこそ、元気にやっていきましょう。


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]