がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>子宮頸癌の小細胞癌について・・・

154 名前: 七年目 投稿日:2016/08/18(木) 15:05
みなさん、お久しぶりです。七年目です。
2011年10月に書き込みしています。

2016年8月で手術より12年。
最後の再発から10年たちました。
主治医と相談してCT検査は卒業しています。
今年の子宮がん検診も異常ありませんでした。

2004年。広汎性子宮全摘出手術。
術前の検査では1b-2期。
(12年前は術後にステージの変更はしませんでした)
リンパ節廓清58個中17個の転移あり。
傍大動脈リンパ節(遠隔転移)転移あり。
術後抗がん剤(シスプラチン、ベプシド)6クール。

2005年。後腹膜リンパに再発。放射線治療骨盤部45グレイ。
2006年。縦隔リンパ、左鎖骨に再再発。放射線治療45グレイ。

癌の治療はこれで終了しましたが
後遺症の腸閉塞で7回入院しました。
最後の入院レベルの腸閉塞は2011年。
軽い腸閉塞は自力?で対処しています。

現在の後遺症対策としては
腸閉塞にならないように食生活を管理。繊維質に注意。ゆっくり良く噛む。
暴飲暴食禁止。ほぼ毎晩ヒマシ油シップで温活しています。漢方薬服薬。

長時間の旅行時や疲れた時は弾性ストッキング着用(妊婦用の腹部が大きいタイプ)。
白血球はかなり低下していましたが最近平常値になりました。
骨密度も一時低下しましたが平均値に戻りつつあります。

週に3日、働いています。
無理のない範囲でボランティア活動もしています。
日常生活は普通におくっています。

子宮頸部小細胞がんでも再発も無く元気な方が沢山いる事を知りました。
しかし再発して治療中の方がいる事も事実です。

経過観察中の不安な気持ちは誰も同じと思います。
何か新しい事を始めたり(ウォーキング等)
その時に出来る事、すべき治療をしっかりして悔いを残さない。
ネットの情報だけではなく自分で情報収集する。
適度な運動や仕事をして気を紛らわす。
愚痴や不安を話せる(書ける)場を持つ、等
それぞれ工夫して過ごされているのではないでしょうか。

ここに集う同志の皆さんの生活が最善のものとなりますように!


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]