がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>肝原発の類上皮性血管内皮腫

222 名前: ゆりゆり 投稿日:2018/03/04(日) 09:28
初めまして。

私は2017年の12月に腹腔鏡下手術にて、類上皮性血管内皮腫と診断された者です。
2016年から腫瘍があることが判明しCTを撮ってましたが、この病気と診断されるまでに時間がかかりました。
病気の進行が比較的ゆっくりであることが不幸中の幸いでした。

私の場合、肝臓と肺に腫瘍がありましたが、肺は特に進行なしですが、肝臓の腫瘍は数が増え大きくなり痛みがありました。
私の暮らしている県内の病院では恐らくこの病気を見たことがある医者は居ないだろうという事で、東京の病院を紹介してもらいました。
診断された12月に東京のM病院でPET・CTを撮りました。この病気の特徴を聞き、今どういう事が出来るのかを相談しました。
主に肝臓癌での治療に用いられるラジオ波焼妁術で悪い細胞を焼き殺すという方法があるとの事。
2018年1月M病院の紹介でK病院でラジオ波焼妁術を受けることになりました。
1週間程入院し、ラジオ波焼灼を2回に分けてうけました。
腹腔鏡とラジオ波とで10個程傷痕があり、嫁入り前なのに傷痕だらけですf(^^;
早く傷痕が薄くなりますように。

活発な悪性腫瘍を排除したため、今のところは余命を気にしなくて良いとの事🙌
アルコールは転移を促進させてしまうらしく、しばらく断酒します。

これからは、4月に地元の病院でCTをとり6月には東京の病院へ行く予定です。
肝腫瘍再発や肺の腫瘍の進行がない事を祈り頑張っていきます。

ここの掲示板を見て、私一人ではないことを知り、
心強くなり、落ち着き、とても参考なりました。
ありがとうございます。
皆様も少しでも良い方向へ進むことを願っています。
また、報告致します。


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]