がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>十二指腸癌

124 名前: ひろ 投稿日:2013/05/09(木) 10:57
42歳の男です。
2年半前に十二指腸癌の切除手術をしました。(ステージ3)
昨年リンパ節に再発。
手術するも取りきれず、抗がん剤治療に切り替えましたがひどい副作用の割には効果がなく、愕然としていました。
そもそも十二指腸など小腸の癌はまだ研究が進んでおらず、抗がん剤も専用のものがあるわけではなく、
大腸癌の抗がん剤を使ってみるということでした。

その後免疫療法などいろいろ捜し求めてあちこちの医師に相談しているうちに、ある医師の勧めで陽子線治療を受けることに。
紹介していただき、陽子線の病院で診察していただきました。
腸の近くは陽子線に向かないらしいのですが、場所がよかったらしく何とか治療開始。
現在治療開始後1ヶ月が過ぎ、体調はかなり改善しています。
陽子線治療の前は、「痛みは免疫力が低下するから。」という理由でモルヒネ系の痛み止めを大量?に使いすぎていたようで
食欲もなく、全身の倦怠感と腹部の痛みで体重も10kgくらいおちていました。
痛み止めは入院後、適正な量に処方を調整してもらい、食事が取れるように。
GWも旅行できるくらいに回復しました。

陽子線の効果が出るのには時間がかかるらしいのですが、CTの結果少し小さくなっているとのこと。
週末PET-CTをとって正確な大きさがわかる予定。
陽子線の効果で癌が小さくなっていることへの期待と、新たな癌を発見するかもしれない不安の両方があります。

いろいろな医師の話を聞くのは大事ですね。
がんばれ!ってそんなの無理、がんばれないけどあきらめない事が大事だと思いました。



  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]