がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>1年前に乳癌摘出、現在肝臓、骨に転移

1 名前: えみ 投稿日:2006/09/22(金) 16:11
 初めて書き込みます。
 母が去年7月末に胸にしこりがあるとのことですぐに病院へ行き、
触診、針のようなものでしこり部分の細胞を取り、検査したところ、
乳癌と診断されました。
 大きさは2.8cm。CT、骨シンチでは他には見つからなかった為
8月中旬に左乳の全摘の手術をしました。
 腫瘍の病理検査の結果、摘出した部分のリンパ節の13/15に
転移がみられました。また皮膚浸潤とも言われました。悪性で
たちの悪い癌だとも確か言われました。
 術後はCE(エンドタキサン、ドセタキセル)を3投1休をしました。
その際、1回目の副作用が少し辛かった為か母が先生に言うと確か
3回目の量を減らした記憶があります。量に関しては覚えておりません。
 抗がん剤の治療後、主治医は1年後に再発などの検査をしましょうと
言われたのでそれを鵜呑みにし、通院はしていましたので採血と
ホルモン剤の服用のみで他には何もしておりませんでした。
 10ケ月経った頃、1年待つことが心配でしたのでこちらから言って
再検査をしてもらいました。
 結果は良くなく、肝臓に2.8cm、背骨の11番目辺りに
転移がありました。
 骨は手術できないし、肝臓は1ケ所だけが珍しいので手術しても
いたちごっこになる可能性があるとのことで抗がん剤治療をすすめられました。
 その際、
  ①タキサン系(パクリタキセル、ドセタキセル)(点滴)
  ②ナベルビン(点滴)
  ③TS-1(内服)
  ④ゼローダ(内服)
  ⑤エンドキサン+フルツロン(内服)
  ⑥UFT、5-FUなど(内服)
 からどれにするか聞かれました。どれからするのがいいのか
聞いたところ、通院できない人もいるし、効果はあまりかわらないので
こちらで決めてほしいような事を言われ、不信感をいだきました。
そこでセカンドオピニオンを検討し、同じ市内の乳腺外来がある
病院へ行き、話をしました。
 その病院の先生は乳癌を専門にしており、今までの治療、
今後の治療にもはっきりとした意見を言ってくださいました。
 紹介状を持っていったので、資料、レントゲンはあり
今後の治療については
 ハーセプチン(1/週) + タキソール、タキソテール(3投1休)
をすすめられました。
 セカンドオピニオンを受けた病院で治療をしていきたかったのですが
いっぱいで受け入れられないとの事で主治医の元で治療してくださいと
言われました。本当にがん患者がいっぱいであるとは思いましたが
主治医のもとでも受けれない治療ではないから隣にあるような病院の
患者を受け入れることが出来ないように感じました。
主治医が書いたセカンドオピニオン宛の手紙には、タキサン系の
治療をすすめましたと書いてあったようです。私たちへは
はっきり言ってもらえなかったのに。
 その結果をもって主治医のもと、治療を2クールして、経過を
みる為、骨シンチ、CTをとりました。
 肝臓の腫瘍は小さくなっておりましたが、骨は前回発見された
腫瘍部分は前回より濃く写っており、他に骨盤(腰骨あたり)、と足の付け根
の2箇所に増えていました。
 転移箇所が増えていたので抗がん剤を変えた方がいいと言われ、本来は
2週間空けますが、先生が休暇のため3週間空いて9月26日から
ナベルビンをすることになっています。ハーセプチンはタキサン系と
併用して効果があるとのことでナベルビンのみでしますといわれました。
 とても長くなりましたが初見からの経過としては以上です。
 そこで教えていただきたいのですが、ナベルビンを投与するのが
今の最善でしょうか?何かほかに併用したらより効果が期待できる
薬はないでしょうか?
 また、以前から背中の痛みは訴えていましたが、痛みが増して
2日ほど前から以前のように夜が寝れないのと、そのせいで食欲も
少し落ちたと言っています。病院へ電話したら主治医は外来に
今週はもう出ないとの事で話は出来なかったので、看護師に
骨の痛み止め(今の痛みが骨のせいかは正直わかりません)に
ついて聞いたところ、アレディアは効果がある人もいます、
とのことでした。このHPでゾメタの方が効果が期待できる
と書いてあるところがありましたが、母の場合もあてはまるでしょうか?
 今後の治療、背中の痛みについて対処法をお教え下さい。
 もっと、信頼、信用できる主治医のもとで治療を受けさせてあげたいです。


 新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]