がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>乳癌に対する抗がん剤の選択

27 名前: ロングヘアー 投稿日:2013/09/19(木) 16:59
こんにちは。48才、大学1年と高3の子供がおります。8月8日に右胸温存手術をしました。9月3日の病理検査の結果、しこり8×8×12ミリ、リンバ、断片共に陰性、ホルモン陰性、ハーツー+2(トリネがの中にハーツ陽性の部分もある)でした。主治医には化学療法、放射線、ハーセプチンを勧められています。化学療法がなかなか受け入れられず返事を先送りにしていたところ、たまたま本屋で見つけた京都のある先生のところにセカンドオピニオンに行ってきました。「腫瘍経も小さい、リンパも断片も陰性、僕の患者なら経口抗がん剤(フルツロン3年)、放射線、ハーセプチンにするよ」と言っていただき救われる思いで帰ってきました。この病院ではほとんどがこのやり方で再発率も他の病院に劣らない結果を出しています。でも日にちがたつにつれまた本当に大丈夫かと不安になり、でも抗がん剤が怖すぎて一進一退を繰り返し前に進めないでいます。皆様ならとうしますか?助けて下さい。


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]