がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>乳癌に対する抗がん剤の選択

23 名前: 名無しさん@癌掲示板 投稿日:2010/05/30(日) 03:20
>>22
>CEF療法の場合、外国の治験で3サイクルと6サイクルでは結果は変わらなかった
3サイクルと6サイクルを直接比較したものは、探す限りありませんでした。
出典はどちらでしょうか?

吐き気の副作用が厳しい様であれば、いくつか手はあります。

1)制吐剤は可能な限り現時点で最も効果の高いものを最大限併用する
具体的には、前投与(抗癌剤の直前に)アロキシ、イメンドカプセル、
デカドロン。その後数日は、イメンドカプセルとデカドロンの服用に
加え、マイナートランキライザー系(ワイパックス、ソナラックス等)
の併用。これまで、アロキシとイメンドカプセルを用いていないよう
であれば、かならずこの2剤は併用する。

2)CEFの減量。

3)化学療法のレジメの変更。CEFを中止し、TCまたはタキサン単剤
タキサン系は一般にCEFとは比べものにならないぐらい吐き気や嘔吐
の副作用は少ないです(その代わり関節痛や神経痛が高頻度に起き
ます)

4)それでも無理であれば、そこで化学療法は終了。

TNであればほぼ全例で化学療法が推奨ですし、逆にそれ意外に再発
リスクを低減させるエビデンスのある方法はありませんから、なる
べくであれば、1)~3)のいずれかで完遂できることが望ましいとは
思います。


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]