がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査

癌掲示板..>初期肺がんの治癒を目指して=妻を助けたい

145 名前: 肺がん外科医 投稿日:2011/05/18(水) 23:14
>>144
IA期の肺がんの手術をして1月も経たないで癌性胸膜炎になるということは殆どありません。
「殆ど」ですから絶対にないわけではありませんし、右の肺癌が左の胸膜に波及して癌性
胸膜炎を起こすようなことも稀にはありますけれど、それは様子を見て、いずれ胸水の中に
癌細胞が確認されて始めて診断されます。

癌性胸膜炎とは関係なく、術後に胸水が増えて抜かなければならないことはたまにあります
が、たまたま胸水の産生と吸収のバランスが取れていないだけで、特に手術中に何かが
あってということでは普通はありません。


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]