がんの早期発見に威力を発揮【PET検査】

秘密厳守の郵送血液検査
レス数が270を超えています。300を超えると表示できなくなるよ。

癌掲示板..>CTスキャンで異常が見つかりました

270 名前: 悩むシニア 投稿日:2015/10/25(日) 13:26
64歳男性です。
先日22日にPET検査の結果を聞きました。
右肺の肺ほうに25.5mm,横隔膜と心臓近くの脂肪部分にも造影がありました。
形状が丸く、呼吸器外科医はこれらは転移性と思われると。横隔膜下の腫瘍が
原発性とは考えられないと。
結局診断は、原発性不明ガンとして、来月11に手術日となりました。

本来は七年前に検診エコーで、副腎の横に腫瘍があり、今回の病院泌尿器科に紹介されて、
CT検査を受けて来ました。毎年秋にCTに写る腫瘍はサイズが変わらず、良性と判断されていました。
が、今年は腎臓と肺に影があり、造影CTをしました。

その時のコメントは腎臓は膿疱で大丈夫。肺の方も多分大丈夫で、PET検査は不要と
記載されていましたが、泌尿器科と放射線科の判断では?と、思って泌尿器科の医者に
相談し、健康な老後を確信したいと。


木曜日は、大丈夫でしたね!というコメントを聞くだけに、診療を。
泌尿器科の医者は、腎臓では活性がなく、膿疱だと。

しかし上部の肺付近には、活性があり、呼吸器外科医と相談していた様子で、即呼吸器外科医の
診療室に。
原発性不明ガンと言う話を理解出来ないまま、落胆して帰宅。
手術日も決まって、腹腔手術して、二つの組織を切除して、遺伝子を同定すれは、
原発性は一つか二つか?
又、何処の臓器かも予想可能あるかも?と。

帰宅して、ネット調べていたら、とても不安に。
睡眠導入剤でもなかなか寝れませんでした。

金曜日、土曜日もネットで調べる勇気もなく、今日、やっと原発性不明ガンを調べて、
五年生存率が25%。10年が10%の数字を見て、がっかり。

原発性ガンが不明なまま、抗がん剤治療の方針ならば、元気な内に大好きなゴルフをして、
余生をベッドで痛い時間を過ごすよりも、良いかな?と思っています。

ちなみに、八年前には心筋梗塞を経験しています。当時も今回と同じように、
二三ヶ月前に、右足が痛み、歩いている途中で急に痛み、電気が走ったようないたみでした。

結果は、右股関節に石灰した塊が。整形外科医から、国立病院腫瘍科に。
腫瘍ではないと、判断されて、10日後に心筋梗塞。

今回も股関節が痛み、階段上がれない状態で、鎮痛剤、座薬を。やっと二ヶ月過ぎたあたりから、
痛みが和らいだあたりに、今回の原発性不明ガンと。

整形外科の股関節MRIは、何も異常なく、炎症のCRPもマイナス。血液検査も正常。
一ヶ月前に、背中のMRIでやっと、椎間板ヘルニアだと。
しかし、整形の医者は、神経管の圧迫から、左足に痛みが主になるはずだと,


ちなみに、手術する病院は関西労災病院です。


  新着レスの表示  TOPへ
18歳未満利用禁止
名前 : E-mail(省略可) :

U-tec.co.jp広告出稿(C) タカヒロ@みちのく掲示板 [12ch BBS 3.00]