■ 最新の40件です
頭部 > 耳下腺ガンについて その6
167 名前: 投稿日:04/08 14:30
ものすごく久しぶりに帰ってきました。
数年放置した腫瘍の手術後に低悪性の腺房細胞癌が判明しましたが、その後、特段の追加治療も不要で、今にいたります。
術後7年を越えて、年1度のPET4度の経過観察から、年二度の診察、2年に1回のPETに格上げ?されました。
この掲示板ではいろいろ勉強させてもらいましたし、私で答えられることがあれば、お答えしたいと思って、ときどき覗いています。

いもうとさんへ
耳下腺癌は希少ですが、耳下腺腫瘍自体は比較的ポピュラーな手術といえるのではないでしょうか。
私は、良性の多型腺腫という見立てでしたが、術式としては、悪性であった場合とほとんど変わらないとのことでした。
多型腺腫は耳下腺腫瘍の大半を占める腫瘍ですが、再発しやすいので、癌同様、マージンを大きくとって切り取ります。
希少癌ということは、この段階では問題にならないはず。
違いが出るとすれば、顔面神経の再建術含め、術後の治療でしょう。
セカンドオピニオンが必要になるとすれば、そこかもしれません。
北国の牛さんのおっしゃるとおり、まずは、摘出された癌を調べてから、ですが、
今後の心づもりとして、大まかなパターン(治療法・期間など)を聞いておく、に私も一票。

頭部 > 耳下腺ガンについて その6
166 名前: 北国の牛 投稿日:04/07 04:44
いもうとさんへ
希少癌ですので経験者はネット内にしかいないかもしれません。
さて、
最初の書き込みにあった「市民病院」でも大丈夫か?
これが一番知りたいんじゃないですか、率直に聞いてもいいんですよ。
手術のリスクや顔面神経の再建術などと合わせて、スタッフの多い病院との差が気になるんでしょ。
そのことに納得できれば担当医への信頼も増すことでしょうから。

この掲示板でも多くの経験者が言っておられるように、手術、放射線、抗癌剤などの治療が続くかもしれません。
それは摘出された癌を調べてからの事になりますね。
お兄さんの仕事への影響などと合わせて、いくつかのパターンを大まかに聞くのもいいでしょう。


頭部 > 耳下腺ガンについて その6
165 名前: いもうと 投稿日:04/06 23:38
北の牛様、ありがとうございます。
とりあえず地元のガンの相談所にいってきましたが
耳下腺ガンの人は今まで一人もいなかったとのことで、本当に
いないんだと実感しました。こちらの地域には希少ガンを扱うところはありませんでした。
あまり有益な情報はなかったのですが
主治医にきちんと聞くことがあれば書いていったほうがよいと
アドバイスをいただきました。なにを聞いておいたほうがよいのでしょうか?
今の時期で術後の計画やリハビリなどを聞くのはまだ早いのでしょうか?



頭部 > 耳下腺ガンについて その6
164 名前: 北国の牛 投稿日:04/06 05:17
いもうと さんへ
お兄様の年齢や職業などによっても違いますが、ご本人にとってこの後のプレッシャーは大きいことでしょう。
顔に障害が残ったとしても、人間としての魅力が変わるものではありません。
今までの様に接し、障害と共に生きる勇気を見てあげてください。

頭部 > 耳下腺ガンについて その6
163 名前: いもうと 投稿日:04/05 13:01
北国の牛様、
早速のお返事ありがとうございます。
私自身がちょっとパニック状態でしたがお返事を読んで少し落ち着きました。
1ヶ月の間に何かできないかと思ってしまいまさしたがそのくらいは普通とのことでとりあえず情報収集はしつつ兄たちの意見を尊重しようと思います。
きちんとしたガンの種類もわからないのでモヤモヤしますがそれも切るまでは待つしかないとわかりました。
ありがとうございました。

頭部 > 耳下腺ガンについて その6
162 名前: 北国の牛 投稿日:04/05 05:33
いもうとさん はじめまして
ご心配なことですね、すでに顔面に麻痺があるということですので簡単ではないことはおわかりですね。
私は市民病院で手術しましたが、特に問題はなかったですよ。
この癌は希少癌といわれて10万人い数人ですから、手術には大学病院等から専門医が参加する場合もあります。
また、一カ月待ちならな普通でしょう。
セカンドの件ですが、市民病院の手術予定をキャンセルするとさらに先になる事と、大学病院等もすぐに手術できるとは限らないので担当医と話をすることが大切です。
顔面神経のことは残念ですが、どの医療機関でも結果は同じだと思います。命を優先する方が良いのではないでしょうか。

お兄様のことでご心配してることはよくわかります。
当人が医師としっかり話をして納得し、その後の人生に向き合うことが大切でしょう。
ネットなどで情報を集めて患者さんに伝えることが良い場合もありますし、間違った情報で取り返しのつかないことにもなります。
ご家族やご本人は些細な希望にもすがりたいと思いますが、それにつけこむ情報も氾濫しています。
治療や病院に関するアドバイスは慎重にされるべきですよ。

頭部 > 耳下腺ガンについて その6
161 名前: いもうと 投稿日:04/05 01:02
初めまして。年末から顔面神経麻痺になり昨日兄が右耳下腺ガンと告知されまして色々みていてこちらにたどり着きました。
反対側のリンパ数ヶ所に転移と鎖骨に怪しい箇所があるとのこと。腫瘍を切り取り検査したとこは低悪性だがきちんと判断するには手術でとったものを検査しないとわからないといわれました。
悪性までの診断に3ヶ月、そしてちょうど病棟が新しくなるとのことて手術は1ヶ月先しかできないとのこと。そんな先で大丈夫なのか?
1ヶ月の間漫然と手術を待っていていいのかと不安です。本人がそこで(市民病院)手術するつもりですが私としてはがんセンターなりセカンド・オピニオンをしてから決めたらどうかと思っています。
耳下腺ガンは数が少ないとのことで市民病院で大丈夫だろうかと不安です…手術では顔面神経は残せないので麻痺はさらにひどくなると言われショックです。
嫁もいるのですが私はどのように支えていけばよいのでしょうか?

最新治療 > 温熱治療(ハイパーサーミア)その3
111 名前: 名無しさん 投稿日:03/27 09:08
実は名前に ゑがあるのでいじめられたの
中一の時 ソフトボール部をやめた理由よ

頭部 > 甲状腺癌 その2
100 名前: 名無しさん 投稿日:03/24 18:21
以前神戸の有名病院で手術を受けたけど、その日に息がとまって再手術となって
死にかけました。そのあとはずっとまともに声が出ません。これって訴えたら勝てますか?

胆肝膵 > 膵のう胞腫瘍について教えて下さい!2
27 名前: Mick 投稿日:03/20 16:43
2019年2月に、膵頭部の分枝型Ipmnと診断されました。母を50代で膵臓がんで亡くしています。造影ダイナミックCT、造影MRI、超音波内視鏡の結果、今はがん細胞は見つかりませんでしたが、怖くてたまりません。がん化や膵臓の他の場所に膵臓がんが出来るリスクが高く、他の臓器にもがんが出来るリスクが高いとのこと。経過観察で、がんが出来るのを待つのは、気持ちをどのように持って行けば良いのか…つらく苦しいですね。62歳のおばさんですが、まだもう少し、生きていたいです。

胆肝膵 > すい臓がんになりました
47 名前: 一人暮らし 投稿日:03/15 12:14
岩波新書の新刊『いのちとがん』を読みました。
著者は元NHKディレクターの坂井律子さんです。
坂井さんは2016年5月末に膵臓がんと診断され、手術と抗がん剤治療を繰り返された末、
2018年11月に亡くなられました。
読んだ動機は、私の妻も坂井さんとほぼ同時期の2016年6月初めに膵臓がんと診断され、亡くなったからです。
当初の診断は手術は不可能、放っておけば余命3か月、抗がん剤による延命しか選択肢はないとされました。
妻は、抗がん剤の副作用に耐えて延命しかできないなら、治゛療はせず自然に死を待つという選択をしました。
しかしそれから1年7か月ほどは、家でほぼ普通に暮らし、亡くなる一月前ごろになって転移が急速に進み、
痛みが強まり、腹水が溜りはじめてやっと入院、最後はホスピスで2018年2月亡くなりました。
坂井さんは抗がん剤と手術の辛く苦しい治療を繰り返されましたが、その甲斐なく2018年11月に亡くなられ、
結局何もしなかった妻より9か月長く生きられただけでした。
本書の中でも触れられていますが、抗がん剤の有効性について改めて深く考えさせられました。
『患者よがんと闘うな』という本を出し、固形がんに抗がん剤は「効かない」、手術も無駄と主張する近藤誠医師が、
本の中で乳がん闘病を発信していたジャーナリスト千葉敦子氏について「抗がん剤治療によって数か月の延命効果を
得た可能性がありますが、そのかわり七カ月にわたって副作用に苦しんだのですから、それではせいぜい苦しむ期間分だけの
延命ということになりはしないでしょうか」と書いていることを坂井さんは引用しています。
私の妻と坂井さんの経過を比較するとき、近藤医師が千葉氏の闘病について書いたことがそのまま当てはまると思いました。
何もしなかった妻より、坂井さんは9か月長く生きられましたが、それは抗がん剤で苦しむ期間分の延命だったのではないかということです。

皮膚・血液・リンパ > 隆起性皮膚線維肉腫・・その2・・
25 名前: くにこ 投稿日:03/11 19:59
ちなみに、移植皮膚は頭皮がオススメです。痛みもなく、傷も目立たない。
退院前にはチクチクともう毛がはえていました。

皮膚・血液・リンパ > 隆起性皮膚線維肉腫・・その2・・
24 名前: くにこ 投稿日:03/11 19:42
はじめまして。私も2年前に隆起性皮膚繊維肉腫と診断されました。
事の発端はそれから更に4年ほど前から右胸下に500円玉位のしこりがあることに気がついたのですが、年1の職場での健康診断では異常はみられず、先生にも脂肪腫と言われ放置してました。
触っても痛くないし色が紫で気持ち悪いなぁと思っていたのを覚えてます。
あることがきっかけで、4年後に美容整形で切ってもらおうかと思ったら、そのまま紹介状を渡されて、総合病院へ。
1度取って、病理に出して、診断確定されて、筋膜組織まで取る大手術に。あの痛みは今でも忘れられません。
ボコッとへこんでいたので、1年後再発無いのをみて、皮膚を持ち上げる手術を2回に分けて行い、今まさに治療中です。
どれも全身麻酔で起きるのが毎回嫌でした。
先生はほぼ再発は無いと言われてますが、年1の造影CTはした方がいいですかね。
もうすぐ2年になるので退院前に検査しようか迷ってます。

民間医療 > ガンの患者学研究所について
96 名前: 名無しさん 投稿日:03/10 20:43
今の社会、保険制度全て西洋医学中心にまわっている。
いい、悪いは少しおいておいて、この現状を否定して生活していくのは
金銭面的に余裕のある人以外かなり難しい。
この事を把握して西洋医学を否定してもらいたい。
もちろん、西洋医学を否定できるエビデンスが治癒した患者の意見だけとか無しでね。


民間医療 > ガンの患者学研究所について
95 名前: 名無しさん 投稿日:03/10 20:36
奇跡的に治った人を集めて、あたかも西洋医学を否定できるだけの可能性が有るかのよな言い方は、絶望している患者に混乱をもたらす。
もし治らなかったら責任は誰がとるんですか?泣き寝入りするしかないのでは?

頭部 > 耳下腺ガンについて その6
160 名前: 北国の牛 投稿日:03/09 05:20
FUTAさん ご無沙汰しています
貴重な情報をありがとうございます。
状況が想像できます、おだいじに


頭部 > 耳下腺ガンについて その6
159 名前: FUTA 投稿日:03/07 15:42
顔面神経切断で瞼にプレートを入れている方へ

プレートを強く押されてずれてしまい睡眠時目が開いてドライアイ&視力低下になりまし
た。 この為にプレート除去手術を受けざるを得なくなりましたが、支障がある場合はプレ
ートの再挿入手術が必要になります。プレートを入れている方は押されない様に十分注意
して下さい。

経緯:
顔面神経切断で目が閉じにくい為に9年前のリフトアップ手術で右目瞼に金のプレート(2g)
を入れました。4か所解けない糸で縫い付けてありプレートを意識することもなく問題も有
りませんでした。

昨年11月暮れのインプラント手術時に看護婦が頭を押さえる時に間違ってプレートの右端
を強く押さえてしまいました。顔にタオルがかぶせてあったので間違えたようです。手術直
後目が上手く開けられずプレート右端を持ち上げて開けました。その後もプレートが気に
なり手で上げていましたが、10日ほどでプレートが気にならなくなり治ったと思っていま
した。

1月末左目の飛蚊症が気になり眼医者に行きましたが、右目のドライアイ&視力低下の方が
問題と言われました。1.0だった視力は0.3程度まで落ちていました。ドライアイによる瞳
孔の傷と涙を均等に出来ない為に霞んで視力が落ちたようです。調べると立って目を閉じ
ても薄目となり、寝ているときも目が閉じずドライアイになった事が分かりました。

形成外科医に見てもらうとプレートが右にずれ目が閉じなくなっている事が分かりました。
修正は出来ないためプレートを摘出する手術を受けました。プレートを止めていた糸は外
れていました。現在抜糸して様子を見ていますが立った状態ではプレートが無い為まだ完
全には閉じません。回復すれば大丈夫に思えますが駄目ならプレートを入れなおします。

反省:
1.  頭を押さえる可能性が有る時はプレートが入っている事を事前にしっかり伝えるべき
    だった。
2.  目を押さえた時点で治療を止めてもらい注意すべきだった。



民間医療 > ガンの患者学研究所について
94 名前: 名無しさん 投稿日:03/03 08:52
どんなときも、絶対に治してやる、治してみせる、という気持ちが大事です。

民間医療 > ガンの患者学研究所について
93 名前: 名無しさん 投稿日:03/03 07:56
奇跡的に治った治療方をまわりに広めないでもらいたい。
治癒する確率、どうなるのかの見通し、ぐらい正確に把握してない治療方法をまわりに広めないでもらいたい。

民間医療 > ガンの患者学研究所について
92 名前: 名無しさん 投稿日:03/03 07:46
治療方法選択の自己責任について。

例えば、テレビを買うときに、このテレビは電源ボタンを押せば電源が入りテレビ放送を見ることが出来ますよと店が言ったとする。
もし、これで購入者が電源を押しても電源が入らずテレビ放送を見れなかったとしたら、販売した店側が責められるのは当然だと誰もが
思う。

では、がんの治療法では?
治療方法がテレビ、テレビを売った店が病院(代替医療専門家)、テレビ放送を見ることが出来る事が治癒(治る事)、に相当する。

なぜがんの治療だけ癌が治ると言った病院(代替医療専門家)を信じた人が責められるのか?

そんなおかしな病院(代替医療専門家)(テレビ販売店)を信じる方がおかしいんだよ、では納得出来ない。
やはり、そんなおかしな病院(代替医療専門家)(テレビ販売店)が悪いと考えられるのでは。



民間医療 > ガンの患者学研究所について
91 名前: 名無しさん 投稿日:03/02 20:47
再発防止のためにやることが無くなったら入会してみるならいいかも。
自然退縮目指して入るのは危険。
まずは西洋医学ファーストで対策考えた方がいいのでは。

民間医療 > ガンの患者学研究所について
90 名前: 名無しさん 投稿日:03/02 17:44
まあ、あれだけ「絶対治る!」て、まわりに言う団体も少ないから信じたくもなる。
しかも西洋医学を悪者にして、努力して、命懸けで悪をやっつけるみたいな構図になってるから感動すら感じさせるという、、、
誰でも努力次第で治る事が真実であればなー、すばらしいのだが

民間医療 > ガンの患者学研究所について
89 名前: 名無しさん 投稿日:03/02 15:14
ガンの患者学研究所に入って自然退縮した人も確かにいるようだが、入会してる総数からするとかなり少人数 。
500人~1000人に1人いるかどうか位ではないかな?(あくまでも予想、正確な確率は教えてくれない、というか、そんなこと気にするようではだめだという方針)

西洋医学を信じるかどうかは治る確率がとちらが高いかで考える必要があるのでは。



胆肝膵 > 肝原発の類上皮性血管内皮腫
271 名前: あいあお 投稿日:02/19 13:45
よろしくお願いします(^^)

消化器 > 教えてください(胃がん)
298 名前: 渡辺や綿悪 投稿日:02/15 00:31
渡辺雄紀

皮膚・血液・リンパ > 隆起性皮膚線維肉腫・・その2・・
23 名前: てんこ 投稿日:02/11 18:49
ちなみに、私は上記にもあります、モース顕微鏡手術を受けました。
主治医の先生が珍しい病気だし、大学病院でとの事で受けました。
切除を少なく、転移や再発の可能性を下げれるとの事で受けれた事を嬉しく思ってます。
大学病院だと行う所増えてるかもしれませんね。
術後に病理検査で病理の先生から直接、切除面に病細胞は全くなく全て切除出来たと判断できると聞けてホッとした事を覚えてます。
この方法が当たり前になるといいですね。
それでも、再発や転移の可能性は0パーセントではないとの事で経過観察はしています。

皮膚・血液・リンパ > 隆起性皮膚線維肉腫・・その2・・
22 名前: てんこ 投稿日:02/11 18:40
久しぶりに書き込みます。
あれから切除して、今年で3年目の経過観察を迎える事になります。
書き込みの頻度を見ても、本当に稀な病気だと感じますね。私は摘出後皮弁法でお腹に70針の数があります。
念の為、筋膜から筋肉まで含めて切除してるため引き攣りもあります。
再発などみられませんが、年に一度全身のペット検査、数ヶ月に一度の定期受診を続けていきます。
切除する前は、すごく不安で転移も稀と言われても、稀な場合を考えて不安だった事を思い出します。
まだ、経過は見ていく必要はありますが、あの頃よりも穏やかになれた自分が居ます。
皆さんのコメントも参考になりました。これからも、覗いています。頑張っていきましょう


最新治療 > トモセラピー
43 名前: 名無しさん 投稿日:01/28 07:56
新小岩駅⇒江戸川堤⇒元結核病院と地元で不評
MRIの誤診が半端ない⇒飛び込み自殺頻発している


頭部 > 耳下腺ガンについて その6
158 名前: FUTA 投稿日:01/27 21:18
カナダも良いですね。長く駐在したくなる気持ちが分かります。

破裂音が発音できないので英語が下手になり悔しかった事覚えています。私は顔面神経
接合ですが口の周りの動きが良くなってきて7ヶ月目でお寿司を一口で食べられるように
なりました。その頃には破裂音の発音も良くなっていた気がします。日記によるとExcelの
作業も術後1年目にはかなり楽になっていた様です。個人差は有りますが、ナックさんもこ
れから半年の間に徐々に改善される可能性も大きいと思いますし、そのようになる事お祈
りします。

私が5年目の検査で完治と投稿した時に、旦那様が同じガンだった方がお祝いと旦那様も
3年目で問題ないと投稿してくれました。今は完治されたと思います。また数年前に主治医
が唾液腺導管ガンの研究部会が出来たと教えてくれました。今は唾液腺導管ガンの解明が進ん
で手術法、治療法も進歩していると思います。1年以上再発のない方も増えているのではない
でしょうか。ナックさんの「顔面神経をごっそり・・」も研究部会の成果なのかなと思いました。

3月の検査で問題ない事心からお祈りします。放射線治療の効果は治療終了後数カ月続くそうなので
本調子では有りませんし、寒さも続きますのでお体に気を付けて下さい。


最新治療 > トモセラピー
42 名前: 名無しさん 投稿日:01/26 15:59
>41
トモセラピーは再発率が高い
10年生存率は高いが完治率は低い
トモセラピー施設の末期はホルモンが定番だ
病院にしてみれば気楽な過剰医療のお手本だ
新小岩には行くな…

頭部 > 耳下腺ガンについて その6
157 名前: ナック 投稿日:01/26 06:10
FUTAさん
初めまして。私の駐在先はカナダになります。

ご明察の通り、PC作業には苦労しておりますし、英語のコミュニケーションも麻痺の影響で辛くなりましたが
以前より仕事のペースを落とし、心優しい同僚にも恵まれて何とか職場復帰できた次第であります。

予後不良と言われる唾液腺導管癌にあって、FUTAさんの完治はとても心強い情報です。
次回CTとMRIによる経過観察を3月に予定しておりまして、それまで業務整理を終わらせて本帰国となります。
現状では気になる自覚症状は無く、移植した神経が動き出す事を祈りながらマッサージを行う日々です。

FUTAさんに続き、唾液腺導管癌の完治症例を増やすべく1日1日を積み重ねていきます。












頭部 > 耳下腺ガンについて その6
156 名前: FUTA 投稿日:01/24 22:26
ナックさん
初めまして。アメリカ駐在ですか。

私もドイツとアメリカに長年駐在していましたが大きな病気では医学用語に苦労しまし
た。 (最初の海外赴任がドイツで、その時ナックさんと同じ38歳でした。)
ガンは主治医との長い付き合いになりますので急遽日本で手術を受けられ良かったと
思います。

同じ唾液腺導管ガンで同様な手術を9年前に受けていますが手術後1年程度はEXCEL
等の細かい作業は涙で目がかすんで肩が凝って長く続けられず「現役だったら大変だった
な」と思った事があります。このような不自由に苦労されているのでしょうね。

唾液腺導管ガンは進行が非常に早く手術入院中に再発した例も有るそうです。その為に
6カ月後のCT検査でOKだった際に主治医に「大丈夫かもしれない」、1年後のPET検査
がOKだった際には「もう大丈夫と思います」と言われました。ナックさんも6ヶ月後、
1年後の検査が問題ない事を心からお祈りいたします。

同じガンで同じ手術を受けてもその後の経緯は全員違います。ナックさんが経緯を残し
ておけばいつか有り難い情報と受け止める方が出てくると思います。是非残してあげて下
さい。


頭部 > 耳下腺ガンについて その6
155 名前: 北国の牛 投稿日:01/24 06:54
ナックさん おはよう
そうなんですか、海外駐在だったんですね。
ご存知のように耳下腺ガンは希少癌ですから、先進国の治療パターンはほぼ同様なんですね。
放射線の影響も治まるころでしょうが、気を付けてお過ごしください。


頭部 > 耳下腺ガンについて その6
154 名前: ナック 投稿日:01/23 22:44
北国の牛さん。
お返事ありがとうございます。
海外赴任中に癌が発覚し、情報の少ない中この掲示板で皆さんの治療経過を何度も読み返しました。

最初は海外での仕事を続けたかったので、現地で治療する道も考えましたが
医療英語の理解度が低く不安だらけだった事と治療中の家族のケアも考えて
着の身着のままで日本に帰国し治療にあたりました。

最近、海外医師からの治療説明の同意書を見返してみましたが、日本で受けた治療内容とほぼ同じでしたので
世界的に同じ治療が標準である事がわかりました。

現在は単身海外に戻り、本帰国に向けた業務整理と引越し準備に追われております。
日本で平穏な生活に戻るのはもう少し先になりそうですが、
掲示板を通して少しでも前向きになれればと思います。
ご心配頂きありがとうございます。












頭部 > 耳下腺ガンについて その6
153 名前: 北国の牛 投稿日:01/23 16:36
ナックさん はじめまして
38歳の若さで高悪性の結果ですと本当に不安な日々を送ってられることでしょう。
ご家族のこともありますから、心配なことはよくわかります。
力になれる良い情報があればいいのですが、、、
予後の体験など参考になされてください。


別館 > 膵臓癌の原因は何ですか!!!
40 名前: 名無しさん 投稿日:01/22 02:34
ガンは人間本来の寿命なら、それに抗うのも人間本来の欲望。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180124-OYTET50040/
https://www.news-postseven.com/archives/20161018_457588.html
膵臓がんだって
https://www.ncc.go.jp/jp/ncce/division/clinical_trial/patient/pancreatic/20.html
まぁ頑張ってほしいよなぁ。

別館 > ゴーヤで98%のガンをけす
2 名前: 名無しさん 投稿日:01/22 02:21
ゴーヤを食べてガンを98%をけしたなんてものが効くのなら、
何処の製薬会社も笑いが尽きないくらいボロ儲けさせてもらってるよ、
全うな製薬会社が手を出さないのは効かないからなんだよ、
製薬会社の金の執着なめるなよ!


別館 > 末期の膵臓癌 続
82 名前: 名無しさん 投稿日:01/22 02:18
カフェイン療法なんてものが効くのなら、
何処の製薬会社も笑いが尽きないくらいボロ儲けさせてもらってるよ、
全うな製薬会社が手を出さないのは効かないからなんだよ、
製薬会社の金の執着なめるなよ!


別館 > 胃ガンの治療方法について
50 名前: 名無しさん 投稿日:01/22 02:09
>>49
お姉さんはもう死にましたか?
もって2年と余命宣告されてましたもんねぇ~
この掲示板に書き込んでも、まったくの無駄だと分りましたか?
癌患者の元気な一日を伸ばしたいのなら、
癌という物を勉強して現在の保健医療の限界を知ることがとても大切ですよ。
まぁ、保険内でも頑張って診てくれるDr.もいるんですけどね、
そのDr,言ったら患者押し寄せて、Dr,潰れちゃうんで自分で探してくださいね。

頭部 > 耳下腺ガンについて その6
152 名前: ナック 投稿日:01/21 23:08
初めまして
38歳の妻子持ち会社員です。
昨年8月に耳下腺癌の手術
1、左耳下腺全摘出+頸部郭清術
2、顔面神経再建術(顔面神経は主幹からごっそり取り、腓腹神経を移植)
を受け、12月まで再発防止の為に、術後放射線治療33回を行い
現在は経過観察中です。

耳下腺癌の診断を受けてから、度々こちらの掲示板を拝見し不安だらけの治療中の参考にさせて頂きました。
今月より職場復帰もしておりますが、病理結果が高悪性度の唾液線導管癌であった事と
顔面麻痺の影響で中々前向きになれない日々を過ごしております。

皆様との情報交換で少しでも前向きになれればという思いと、
私の治療経過か誰かの参考になればと思い書き込みさせて頂きました。